『自律神経失調症』を【克服】【根本改善】:人生の主役を張れない

【#主役】

おはようございます(^^♪


『どうせ主役を張れるタマじゃないから…』


もうすぐ50代を迎える男性が目の前でポツリ。


遅刻せず真面目にコツコツと勤め上げ、
1つの仕事を【#スペシャリスト】の腕前にまで磨き、
働くこだわりを積み上げて来られました。


でも、気付けば周りや後輩が出世して、
名刺に役職がつかない事が気になって、
【#自分には能力が無い】と思い込んでしまったようです。


奥様や友人の方に、
「会社の役職があなたの評価なわけじゃない」とか、
「お前はお前で良いんだよ」と声をかけられると、
余計に自信を無くすと仰っていました。


う~ん、確かに。


株式会社■■〇長、〇〇役、〇〇役員などの
役職がついた名刺を持つのは一つの夢ですね(^^)


サラリーマンだった私も、
実は出世に憧れたことがありました(笑)


仕事が出来る男に見られたくて、
電子メモパッドなんて使ってみたり(^^;)


異動の時期になると、何だかソワソワしてみたり。


もうね、もらえるかどうか分からない、
バレンタインのチョコを待つ男子みたいな心境でした(笑)


だけど今、組織のしがらみを忘れた私は
「あなたがあなたの人生の主役で良いんじゃないですか」
って、シンプルにお伝えできる気がするんです。


例えばあなたの体の【#主役】は何って考えてみて下さい。


脳? 心臓? 胃? 膵臓?
手? 両足? 指? 両目?


「これ!」って限定できないですよね。
それぞれの役割があって、各々の機能を果たし、
あなたを生かしてくれてます。


あなたも、あなたも。


そこに【#優劣】はないと知って、
数十年の人生を重ねてきたのではないでしょうか。


得てして
「周りと比べることで、不幸に意味づけをする」
事が始まると思います。


花は花
リンゴはリンゴ
辛口が好きな人もいれば、甘口でなきゃダメと言う人もいる。


ご自身の人生や価値観。


定義のあいまいな常識や、誰も見てないはずの見た目に、
無理して歩み寄ろうとしなくて良いんじゃないですか?


もし、来院のこの方が人を使う事が上手かったとしたら、
【#コツコツ】の称号は得られなかったでしょう。


私も精神的にタフな人間だったら、
対話を大事にする院を作っていなかったと思います。


なにも会社や組織、他人の考えに巻き込まれて
『どうせ主役を張れるタマじゃないから…』
って思う必要はないですよ(*^-^*)


自分が自分の人生の主役!
もう一度【#あなたの役割】を思い直すことで、
生きてる~って思うことが出来るはずと思うんです。


主役は私。
そして周りの共演者と一緒に
幸せな作品を作り上げていきましょう(*^^)v


本日も最後までお読みくださり
ありがとうございました!
それではまた^^
ーーーーーーーーーーーーーーーー
「整体界一の対話力」で、

お悩みの人生を「笑顔」にチェンジ!

赤羽自律神経失調症専門整体院
オプセラピーCONNECT(コネクト)

岩田 智宏

ーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です