『自律神経失調症』を【克服】【根本改善】:情

【#情】

おはようございます(^^♪


「何かやり残したことはないですか?」


人生を閉じるその時に、
こう問われたあなたはなんて答えますか?


【#死ぬまでにやりたい事リスト】


この準備を考えている人も居ると思います。


「海外留学」
「子供や孫と話す」
「銀座の天ぷら屋に行く」
「学びをする」
「パソコンを使いこなす」
「友達に会いに行く」
「スポーツ観戦に行き大声で応援」
「お金を使い果たす」
 etc・・・


大変不躾と思いながら、
私もご高齢の諸先輩の方々に
質問をさせて頂く機会に恵まれました。


そこで出た声。


『もっと【#自分らしく】過ごせばよかった』
『もっと【#情】を与えたかった』


この二つの声が最も多かったのです。


『自分らしく』
分かっているけど叶えてあげられていなくて、
最後にやり残した~と思う方が多い。


「お前なら出来るからもっと頑張れ」
「私が踏ん張らないと困る人がいる」
「やらなきゃ、出さなきゃ」


『自分らしく』を見ないふりして
「他人の為に」にせわしい毎日を
当たり前にしないといけないの?


もちろん、今の世の中の状況下で、
特に医療関係者の方々は
責務を優先に動かれている方が沢山。


だけど、先日もニュースのトップに
『お医者様の燃え尽き症候群が増加』
の記事が伝える今の世の中も本当の事。


だから同時に『情』を
何より大切なご自身にかけることを
忘れてはいけないのだと思います。


【#情】
りっしんべんの心に、まじりけのない青。
心+青で、いつわりのない心、まことの意味を表す言葉。


他人が望む『自分らしさ』に惑わされず、
自分が望む『自分らしさ』を求める。
それは我がままなんかじゃない。


そして、
『情』…心。まこと。おもむき。味わい。なさけ。愛情。
をご自身に向けてあげてますか?


先日もお客様との会話で、
「日本の方は愛情表現が苦手」
って言葉を頂戴しました。


すぐそばにいる誰か。
子供、旦那様や奥様、家族や親せきに友達。


【#大切な人】にさえ表現できていない『愛情』。
だとしたら、いつも一緒にいる【#自分自身】には
もっとかけてあげられていないのかもしれないですね。


自分らしく、そして情を自分に。


そう書いていたら私も心が動いてきたようです(^^♪
1つ自身に言葉をかけて過ごしていきたいと思います。


本日も最後までお読みくださり
ありがとうございました!
それではまた^^
ーーーーーーーーーーーーーーーー
「整体界一の対話力」で、

お悩みの人生を「笑顔」にチェンジ!

赤羽自律神経失調症専門整体院
オプセラピーCONNECT(コネクト)

岩田 智宏

赤羽自律神経失調症専門整体院オプセラピーCONNECT(コネクト)


ーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です